フリーターから正社員を目指して就活を行なっている方へ正社員求人が見つかる就職サイトをご紹介しています。

フリーターが面接の時に必ず聞かれる質問

書類審査が通ったら、いよいよ面接。

うまく面接をうけることができない・・・しっかりと準備をしているつもりでも、緊張のあまり失敗もありますよね、普通のことだと思います。

けれども、面接の数をこなすことで、どんなことに注意すると良いのか自分でもわかってくるので、次での面接の質は上がっていくようになりますよ!

面接の時に答えられなかった質問や注意しておくといいなと思ったことは、メモに控えておきましょう。

面接官の質問の意図を冷静に分析することで、次に受ける面接で役立っていきます。

フリーターが面接の時に必ず聞かれると言っても良い質問があります。

・どうしてフリーターになったのか
・どうしてフリーターという選択をしたのか

職歴が空白の部分があったり、フリーターを選んだか?という理由になりますね。

このような質問をされたら、どのように答えますか?

基本的には、フリーターで働いていた期間というのは隠せないので、正直に答えた方がいいです。

ですが、正直に話しすぎて、「新卒での就職活動で失敗しました」と言ってしまう方もいます。

このような回答は、NGと思っていた方が良いでしょう。

フリーターになった理由が明確であったのなら、そのことを話して就職活動を始めた経緯を説明することで納得してくれる面接官も多いです。

フリーターを選択していた理由

・目指すことがあった
「ミュージシャンの夢を追い続けていた」「漫画家を目指していた」など、何かに熱意を注いでいた経験は、就職活動で必ず役に立ちます。
最近では、何かに情熱をもって取り組んでいたことに対して評価されるケースが多いです。
夢を追い続けているだけでは、生活していくことが現実的に厳しくなってきているということで就職活動を始めたのであれば、面接官も理由をわかってくれるでしょう。

・新卒での就職活動で失敗した
新卒での就職活動で内定がもらえずに、フリーターをしているという方もいらっしゃると思います。
面接官は、なぜ内定をもらうことができなかったかという理由として、コミュニケーション能力不足や意欲や熱意が感じられなかったという可能性を考えます。
そんな先入観をなくすために自己分析をし、アルバイトで努力を重ねて改善しているということを自己アピールしましょう。

・なんとなく
フリーターになんとなくなった場合では、新卒という就職の最大のチャンスを自ら逃しているので、そのまま答えてしまうと面接官に悪い印象を与えてしまいます。
「なんとなくフリーターになった」ということは、変えることができませんよね。
そのことを後悔していること、アルバイトをしていたことでやりたいことが見つかり目標を持って就職活動をしていることを強くアピールしましょう。



面接での自己PRは、定番の質問だと思います。

どう受け答えをしたら良いのか?自分のアピール部分はどこなのか?とわからない方もいるでしょう。

自己PRでは、「仕事への意欲があります」と伝えるだけではなく、その根拠となるエピソードなどが必要です。

そのような方にオススメなのが、就職サイトの利用。

就職サイトでは、コンサルタントが面接時のアピールポイントや注意点などをアドバイスしてくれます。

ページトップへ